忍者ブログ
今週のコラム
 I工房には、照明器具の特注や完成した時に比較的余裕のある建築には定礎をデザインして作成をお願いしてきました。誕生した建築にとり付ける、研究室名入りの小さなプレートができないかと思案してきました。I工房の社長は何回となく試作品をもって訪ねてきてくださり、本当に感謝しています。


 僕の研究室は工事監理が始まると研究室独自の看板を掲げることで、研究室としてのデザインの責任を明確にしている。 図面に関しては、その現場に出す前には、どこの事務所でも最終責任者としての建築家がサインをするのが常だが、誕生した建築にもサインをすべきだと思う。

 建築家として誇りをもって監理してきた建築が僕から離れていくときだ。心からの愛情を込めて送りだしたい。大事に育ててよねー!

 監理報告はクライアントに済ませているので、ご了解をいただきどこか建築の片隅に完成プレートを取り付けていただくことにした。 つつじヶ丘の家はこの第一号となりました。既存を残しながらの修景ですが、高台に位置し長くステップしていく空間は居心地の良い居場所を創りあげました。またデッキと庭木が一緒になり夕景にも趣があります。

 さて、第二号は、甲斐駒を望む家です。端正なガルスパンを張り上げたローコスト住宅ですが、オリジナル暖炉があります。先日完成検査にスタッフの皆と行きました。(竣工写真はもう少しお待ちください。)
甲斐駒を望むデッキは空を切り取り大変気持ち良い住まいとなりました。
この住まいは訪ねて来られた家づくりへの熱い情熱に溢れた熟年夫婦にローコストでの設計を誰も引き受けないのなら僕が設計します!と言いきったのでした。
結果的に僕のオリジナル暖炉も付き、施工会社にも恵まれ良い結果となりました。
ローコストを貫くには、設計者だけでなくクライアントにも心構えが必要です!


                                (C)文 かたくら たかゆき

拍手[0回]

PR
最新記事
(05/19)
(05/12)
(05/04)
(04/27)
(04/20)
(04/14)
(04/07)
(03/31)
(03/23)
(03/16)
(03/10)
(03/02)
(02/24)
(02/17)
(02/10)
(02/02)
(01/20)
(01/12)
(01/05)
(12/30)
(12/22)
(12/15)
(12/09)
(12/03)
(11/26)
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かたくらたかゆき
性別:
男性
職業:
建築家
趣味:
自然に親しむこと
自己紹介:
豊かな暮らし向きを望むあなたに!
住まいの設計活動を通して住まい専門の建築家がありのままに毎日の生き方を語ります。
クライアントの方たちや家族そして自然との対話の中で常に暮らし向きの良い住まいを創造したいと思います。
住まいをもっと豊かに心地よく/片倉隆幸建築研究室FANPAGEもどうぞ!
http://www.facebook.com/archhall
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アーカイブ
お天気情報
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター

Template by Emile*Emilie

忍者ブログ [PR]