忍者ブログ
今週のコラム
 住まいを設計するにあたって施主の皆さんからは暖かい家を設計してくださいね。と言われます。(それって当然のことなんだけどね。)今の時期の新緑を見るとあこがれる信州なのですが、特に冬は寒い。南北に長い信州は気象条件が地域によりかなり違います。
 心地良い暖房をどうしようかと研究しているわけです。環境にやさしくということで様々な暖房が考えられていますが、今回これを述べると長くなりますので、(これは他の建築家も述べているよね。)別の機会にして、僕の大好きな暖炉について触れてみます。

 燃える炎を見ながらの一家団欒やパーティーは大変楽しいものですが、夕食後雑誌応募用の原稿書き上げてナイトキャップ(寝酒)をやりながら音楽聴いて、炎を前にボーッと1人くつろぐ父親の姿もなぜか良い。

 蓼科のチロリアン風の某ホテル、ラウンジの暖炉の位置が素敵だ!狭いギャラリーを抜けると暖炉の炎が目に入るという演出がまず建築家の心をくすぐるのだ。天井の低いラウンジがありレストランへ行くまでがアルコーブになっていてここでコーヒーを飲みながらくつろぐのである。
 きっと今の季節は目の前の緑がきれいなので、ラウンジにたたずむ人たちの視線は外に向き、歩く人との視線が交錯しないのでくつろぐ空間として気持ち良いと思う。


 市販されている暖炉は値が高い。でも暖炉が欲しいという方のためになんとか安くできないかと提案し続けるのです。(トピックスにて大阪ガスCEL72号特集 「火」のある暮らしの現在 Fire in Modern Lifestyles )に論考を掲載中。
 またFAQにも今まで設計した暖炉のいくつかを掲載しておりますので御覧ください。内部の演出も楽しく難しいが、周囲の気流により煙突の煙に影響がでます。見えないものをかたちにしていかなくてはなりません。奥が深い。

自然との対話が大切だとつくづく感じて奮闘中です。

(文)かたくら たかゆき

拍手[0回]

PR
最新記事
(02/24)
(02/17)
(02/10)
(02/02)
(01/20)
(01/12)
(01/05)
(12/30)
(12/22)
(12/15)
(12/09)
(12/03)
(11/26)
(11/19)
(11/11)
(11/04)
(10/27)
(10/21)
(10/16)
(10/07)
(09/30)
(09/23)
(09/16)
(09/09)
(09/03)
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かたくらたかゆき
性別:
男性
職業:
建築家
趣味:
自然に親しむこと
自己紹介:
豊かな暮らし向きを望むあなたに!
住まいの設計活動を通して住まい専門の建築家がありのままに毎日の生き方を語ります。
クライアントの方たちや家族そして自然との対話の中で常に暮らし向きの良い住まいを創造したいと思います。
住まいをもっと豊かに心地よく/片倉隆幸建築研究室FANPAGEもどうぞ!
http://www.facebook.com/archhall
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アーカイブ
お天気情報
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
カウンター

Template by Emile*Emilie

忍者ブログ [PR]