忍者ブログ
今週のコラム
 以前東京ディズニ-ランドを訪れたが、今年の夏は家内と娘とディズニーシーへ行くことになった。各国の建築のコピーで渦巻く外観には不思議さを覚えるが、メインゲートの地球が池に浮いているオブジェから虚構といえども独自の物語を創造しているこの雰囲気は大人も魅了される。ここに来た理由は他にもある。シーではビールが飲めるということなのだ。いろいろ見ようとかなり歩くので、(以前訪れた時はランド内で食事にもビールが飲めないので悲しい思いをした。)その後の食事は格別だ!今回は少々暑いが、そんなこともあり楽しませてもらったのだ。

 ディズニーのキャラクターに始まり、演ずる人、フォローする人、すべての人たちが、個人としての誇りとスピリットを持っているように感じられる。特に回りでフォローしている人たちは、礼儀正しく、動き回り、子供が危ないことをしているときちんと注意をといった具合に細やかな神経で振舞っている。暑い!などと言ってさぼっている人はいない。当然のことのように思うかもしれないが、これだけのスケールのダイナミックな空間の演出の迫力もこうした支える方たちの力があってこそ感動を与えるのだ。
 ディズニーの勉強不足をお許しいただいてあえて言うのだが、こうした全体の規律と空間づくりを監督している人は誰なのだろうと思う。映画監督、野球の監督、指揮者、建築家に共通するものを感じる。

 建築家のイメージは重要だが、スタッフのそれぞれの個性こそがよりイメージを膨らませクライアントの考えを引き出すことになる。 できあがった図面は内容が濃ければ濃いほど以心伝心職人の心を動かすのだ。建築家は職人の気持ちも引き出すことになる。図面と現場を立体的に操ることになり、時間の許す限り創造は続くのだ。

                                (C)文 かたくら たかゆき

拍手[1回]

PR
最新記事
(05/19)
(05/12)
(05/04)
(04/27)
(04/20)
(04/14)
(04/07)
(03/31)
(03/23)
(03/16)
(03/10)
(03/02)
(02/24)
(02/17)
(02/10)
(02/02)
(01/20)
(01/12)
(01/05)
(12/30)
(12/22)
(12/15)
(12/09)
(12/03)
(11/26)
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かたくらたかゆき
性別:
男性
職業:
建築家
趣味:
自然に親しむこと
自己紹介:
豊かな暮らし向きを望むあなたに!
住まいの設計活動を通して住まい専門の建築家がありのままに毎日の生き方を語ります。
クライアントの方たちや家族そして自然との対話の中で常に暮らし向きの良い住まいを創造したいと思います。
住まいをもっと豊かに心地よく/片倉隆幸建築研究室FANPAGEもどうぞ!
http://www.facebook.com/archhall
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アーカイブ
お天気情報
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター

Template by Emile*Emilie

忍者ブログ [PR]